最新のWeb開発のチュートリアル
 

wxPythonドッキング可能なウィンドウ


wxAui wxWidgetsののAPIに組み込まれた高度なユーザーインターフェイスライブラリです。 AUIの枠組みの中で中心的クラスWx.aui.AuiManager。

AuiManager wx.aui.AuiPanelInfoオブジェクト内の各パネルの情報を使用して、特定のフレームに関連付けられたウィンドウを管理します。 私たちはPanelInfoオブジェクト制御のドッキングや浮動行動の様々な性質について学びましょう。

トップレベルのフレームにドッキング可能なウィンドウを置くには、次の手順が必要 -

まず、AuiManagerオブジェクトを作成します。

self.mgr = wx.aui.AuiManager(self)

その後、必要なコントロールを持つパネルが設計されています。

pnl = wx.Panel(self) 
pbox = wx.BoxSizer(wx.HORIZONTAL) 
text1 = wx.TextCtrl(pnl, -1, "Dockable", style = wx.NO_BORDER | wx.TE_MULTILINE) 
pbox.Add(text1, 1, flag = wx.EXPAND) 
pnl.SetSizer(pbox)

AuiPanelInfoの次のパラメータが設定されています。

  • Direction -上、下、左、右、またはセンター

  • Position - 1つのペインよりもはドッキング可能な領域内に配置することができます。 それぞれは、位置番号が与えられます。

  • Row -複数のペインには、1行に表示されます。 ただ、同じ行に表示されて複数のツールバーが好きです。

  • Layer -ペインは、レイヤーに配置することができます。

このPanelInfoを使用して、設計されたパネルは、管理オブジェクトに追加されます。

info1 = wx.aui.AuiPaneInfo().Bottom() 
self.mgr.AddPane(pnl,info1)

トップレベルウィンドウの残りの部分はいつものように他のコントロールを有することができます。

次のように完全なコードがあります -

import wx 
import wx.aui
  
class Mywin(wx.Frame):
  
   def __init__(self, parent, title): 
      super(Mywin, self).__init__(parent, title = title, size = (300,300)) 
		
      self.mgr = wx.aui.AuiManager(self)
		
      pnl = wx.Panel(self) 
      pbox = wx.BoxSizer(wx.HORIZONTAL)
      text1 = wx.TextCtrl(pnl, -1, "Dockable", style = wx.NO_BORDER | wx.TE_MULTILINE) 
      pbox.Add(text1, 1, flag = wx.EXPAND) 
      pnl.SetSizer(pbox) 
         
      info1 = wx.aui.AuiPaneInfo().Bottom() 
      self.mgr.AddPane(pnl, info1) 
      panel = wx.Panel(self) 
      text2 = wx.TextCtrl(panel, size = (300,200), style =  wx.NO_BORDER | wx.TE_MULTILINE) 
      box = wx.BoxSizer(wx.HORIZONTAL) 
      box.Add(text2, 1, flag = wx.EXPAND) 
         
      panel.SetSizerAndFit(box) 
      self.mgr.Update() 
		
      self.Bind(wx.EVT_CLOSE, self.OnClose) 
      self.Centre() 
      self.Show(True) 
		
   def OnClose(self, event): 
      self.mgr.UnInit() 
      self.Destroy() 
		
app = wx.App()
Mywin(None,"Dock Demo")  
app.MainLoop()

上記のコードは、次の出力を生成します -

ドックデモ